グループホーム エルピス藤枝

グループホームとは

障害のある方が、世話人などから生活や健康管理面でのサポートを受けながら、複数で共同生活を営む住宅のことです。
世話人の支援により、自立に向けて取り組んでいきます。

 

どのような暮らしぶりなのか

平日の日中は病院のデイケアや通所施設、企業等に通い、帰宅後は食事や入浴、就寝という生活になります。
各人には個室があり、食堂、お風呂などは共同スペースとなります。
入居に当たっては、あいさつなど生活上のルールなどについてあらかじめトレーニングを行ったり、入居後も世話人が生活面の助言や指導も行います。
自治会の清掃活動等にも参加します。
 

エルピス藤枝の概要

事業種別

共同生活援助

開設年月日

平成26年3月1日

定員

最大 18名

職員

管理者
サービス管理責任者
世話人

サービスの内容

・家事等の日常生活上の支援
・日常生活の相談支援
・健康管理、金銭管理等の支援
・食事の提供
・余暇活動、地域活動の支援など

利用できる方

・本人が利用を希望し、主治医も了解をしている方(意見書が必要)
・通院、服薬治療を継続している方
・デイケアや通所施設の利用、一般就労をしている方
・基本的な生活能力があり、共同生活が可能な方
 

一日の生活の流れ(例)

 

よくあるご質問

利用するのにはどのような費用がかかりますか?

グループホームのサービスを利用するための料金がかかります。原則は利用料金全体の1割を負担していただきます。なお軽減等が適用される場合があります。詳細は市町または施設にお問い合わせ下さい。その他、グループホームで生活する上で必要な家賃や食費、水道光熱費等がかかります。

入居するために必要な物品はありますか?

リビングや食堂などの共有スペースの備品(冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ等)は施設が用意しています。入居していただく居室内の家具や電化製品、生活用品等については、入居される方にご準備いただきます。
例・・・テレビ、エアコン、照明器具(天井)、カーテン(防炎)など

どのように支援をしてもらえるのですか?

グループホームで自立に向けた生活を行うことができるよう、職員が支援を行うための計画を作成します。支援計画には目標を設定し、目標を達成するための具体的な取り組みについて決定します。定期的に面談を行い、支援の内容や目標の達成状況について話し合います。

グループホームで生活するためのルールはありますか?

共同生活を送る上でのルールやマナーがあります。他の利用者へ迷惑になる行為や、グループホーム内での飲酒や喫煙はご遠慮いただいております。

   

お問い合わせ

施設名

エルピス藤枝

住所

藤枝市小石川町2丁目9-20

連絡先

電話番号:054-645-8333
FA X:054-645-8332
 

案内図

エルピス藤枝の地図はコチラ
 


▲TOPへ